大人としての配慮を見せよう

周りのお友達よりも結婚がちょっと遅くなってしまった、大人になってしまった、そんな方は結婚式場選びに大人としての「配慮」を見せましょう。気配りの行き届いた結婚式になれば、「さすが、年の功」と、より一層祝福してもらえることは間違いないでしょう。

結婚式の場所と時間のポイント

若い二人であれば、とにかく自分たちの好きなタイプの式場で好きなように個性的な結婚式と披露宴を挙げればよいかもしれません。

しかし、職場でもそれなりのポジションになった年齢同士のカップルで、上司や部下・同僚も参加してもらうような式にする場合は、大人としての配慮が必要です。

まず、場所はあまり職場の地域から遠方では困ります。移動時間を考えると参加者の拘束時間が長くなってしまいます。お洒落な森の中での結婚式もよいものですが、交通の便を確認し、参加者の負担にならないエリアを選ぶのが無難です。

また、時期は家族イベントと重なるような時期を避けましょう。大型連休の中日やお盆休みのころなどは家族で旅行等を考えている方も多いはずです。自分たちの結婚式のせいで、参加者が貴重な連休に遠出ができなくなる、というのは避けたいですね。更に配慮をするのであれば、式で挨拶をしてもらう上司の家族の誕生日を確認しておきましょう。子どもの誕生日と重なることがないようにしておきたいところです。

結婚式の時間帯も配慮しましょう。昨今はナイトウェディングなども流行っていますが、小さい子供を持つ参加者が多いようであれば、夜の時間帯は避けた方が無難です。

関係者の負担を少なくし、配慮の行き届いた結婚式にしましょう。

福岡の結婚式場は、海に近い会場でリゾート気分を味わえ新鮮な海の幸などの料理を楽しめる式場が人気です。