ローソファのメリット

ローソファは通常のソファよりも、座面の高さが低いのが特徴のソファです。座面が低いため様々なメリットがあります。

具体的なメリットとしては、まず部屋が広く開放的に見えるということが挙げられます。ソファをリビングに置くのは定番となっていますが、日本の住宅は狭くソファを置くと圧迫感があるように感じられてしまうことも考えられます。ローソファなら座面が低いため空間が広く見え、部屋に奥行きを感じることができます。

また、日本人はこたつや畳などで生活していたため、床に座ることでリラックスすることができます。ローソファはそんな日本的な生活とソファのいいところの二つを持っているソファと言えます。

そのほか、子供やペットの怪我を防げるなどのメリットもあります。

ローソファの選び方とは

ローソファと一言で言ってもその高さは様々なものがあります。大きく分けて座面の高さが10cm・20cm・30cmの3種類から選べるようになっています。

なるべく床に近く子供やペットの安全に考慮して選びたいという場合には一番低い10cm、なるべく厚みがあって床の感覚を感じたくない場合には20cm、立ち上がりにくさを軽減したいのであれば足腰の負担を減らせる30cmのものを選びます。

また、背もたれ部分も低いものだけではなく、ハイバックタイプのものもあります。しっかりと寄りかかってリラックスできますが、座面が低い分だけ後ろにひっくり返ってしまうこともあるため配置には注意が必要です。部屋を広く見せたいなら背もたれの低いローバックタイプがオススメです。

そのほか、横幅と奥行きにも注意して選んでいきます。

ダイニングにソファを置くときは、ソファのサイズが重要です。食事もそこでする場合、汚れる可能性もあるので注意が必要です。