新感覚のアクセサリーでロマンティックに

結婚式場が決まったら、ドレスやブーケの準備を進めていきましょう。ガーデンウエディングなど軽快に過ごしたいシーンでは、ブーケは持たずに、身にまとうという新スタイルも人気がありますよ。それを叶えてくれるのが、リスト&フットブーケで、ブライズメイドとお揃いにしてもかわいいでしょう。露出が多めのドレスやちょっぴり個性をプラスしたいときにもよく合います。たとえば、透明感のあるミントグリーンのドレスにツタをはわせるようグリーンを施していけば、まるでおとぎ話のヒロインのようなムードになるでしょう。手持ちブーケにも負けないインパクトのあるリストブーケにするなら、スパニッシュモスなどを使って長さのあるアレンジをするといいですよ。

大人ピンクが盛り上げる

リストブーケはちょっとした仕草を可憐にみせてくれる効果があります。ペールピンクのドレスが甘すぎない味付けとして、ピンクと赤いバラをぎゅっと輪にしたアレンジを少し濃いめの色でまとめるといいでしょう。ふんわりと揺れる羽根をおしゃれなアクセントとしてつけるのもいいですよ。

裾からのぞくディープカラー

ガーデンウエディングなど動きのあるパーティには、軽やかなフットブーケで足元を飾っても素敵ですよ。ラベンダー色のカラードレスの裾から、深みのあるパープルのトルコキキョウとスモーキーなスパニッシュモスとのミックスブーケが見えれば、ナチュラルだけどスパイシーな余韻を残してくれるでしょう。身にまとうタイプのブーケなら、二次会にもそのままアクセサリー感覚でつけていけますよ。

料理を重視して京都の結婚式場選びをするなら、ブライダルフェアの申し込みをして料理の試食をしてから決めるという方法があります。