そもそも前撮りってどんなことなの?

結婚式を挙げるためには、色々なことを準備しなければいけないので大変ですよね。前撮りも結婚式の前にやっておいた方が良いことの一つですが、あまりの多忙さゆえに諦めてしまう人が多いようです。また、費用面の関係で最初から前撮りをするつもりの無いカップルも増えています。ですが、前撮りをきちんとやっておくことで将来の思い出にもなりますし、結婚式当日に緊張することなくドレスや着物を着こなせるようにもなるのです。

そもそも前撮りについて知らない人もいるかもしれません。前撮りとは結婚式の前にスタジオや野外で写真を撮るイベントのことで、洋装や和装に身を包んで記念撮影をします。前撮りでは結婚式さながらのメイクや衣装で写真を撮影するので、とっても雰囲気のある素敵な写真を残すことが出来ますよ。

前撮りをすれば写真を撮られることに慣れてくる!

結婚式を挙げた後のカップルがよく後悔するのが「当日の写真写り」です。結婚式では慣れない衣装やメイクのせいで表情が強張ったり、たくさんのカメラを向けられることで緊張してしまい、ぎこちない写真写りになってしまうことが多々あるのです。このような普段とは違うビシッとした雰囲気の中での写真撮影に慣れるためにも、前撮りを活用した方が良いでしょう。

前撮りではプロのカメラマンやメイクアップアーティストがいる中で写真撮影をするので最初のうちは緊張しますが、写真を撮ったり衣装を変えているうちに撮影の雰囲気にも慣れてきます。そして表情もどんどん柔らかくなっていきます。こうして写真を撮られることに慣れておけば、結婚式当日でも緊張することなく素敵な表情で写真に写ることが出来るはずです。

近年、結婚式の記念写真を事前に撮影する前撮りが人気になっています。一生残る大切な写真ですから慌ただしい式当日を避け、落ち着いて納得のいく写真を撮ってもらいたいと考えるカップルが増えているからです。