結婚式の予行練習になる

前撮りは、結婚式当日よりも前に写真を撮ります。実際の結婚式と同じように着物やドレスを着ることができますし、ヘアメイクもバッチリしてもらえます。着慣れない着物やドレスの着心地を確かめることもできるので、結婚式の予行練習にも役立つことでしょう。加えて、「イメージしていたものとは何だか違う」といったミスマッチを防ぐことにもつながります。前撮りで慣れておくことで、結婚式当日も緊張することなくスムーズな式を挙げられるでしょう。

いろんな衣装を着ることができる

一生に一度の結婚式だからゴージャスなドレスも着たいし、華やかな和装にも憧れる、あれもこれもと欲張りたくなるのは当然ですよね。しかし、時間が決められている結婚式では、何度もお色直しをする余裕はありません。本当は着たい衣装があったけど、泣く泣く我慢したという話もよく聞かれます。その点前撮りなら、結婚式当日は諦めた衣装でも着ることが可能です。お気に入りの衣装を身にまとって、思い出として写真に残すことができます。

ゆっくりと写真を撮ることができる

結婚式当日はバタバタと時間に追われて、ゆっくり写真撮影をする余裕がないかもしれません。せっかくの晴れの舞台ですから、思い出に残る写真をたくさん残しておきたいものでしょう。前撮りは、写真を撮ることが一番の目的です。結婚式当日のようにゲストに気をつかうことなく、2人だけの撮影会を楽しめますよ。2人の思い出の場所で撮影するのも人気で、その写真を結婚式の演出に取り入れるのもおすすめです。

和装の前撮りは素敵なロケーションでの撮影が人気です。紅葉シーズンの秋は和装との相性もばっちりです。また春の桜と比べ、紅葉は1カ月程度と見ごろが長く撮影日の調整がしやすいためおすすめです。