皇族のご結婚から始まった儀式

日本の伝統と文化が息づく神前式の歴史は、明治時代にまでさかのぼります。当時の皇太子殿下とその妻となる皇太子妃殿下が、日本で初めて今の形の神前式を執り行ったことで、庶民の間にも普及することとなりました。歴史としてはそれほど長くはありませんが、すでに100年以上の伝統が今日まで受け継がれています。これは、日本の歴史が神様の婚姻によって始まっていることに依拠しています。

格式が高いので広く支持されている

結婚式のあり方は、時代が変わるごとに大きく変化し、多様化してきました。しかしながら、最も格式が高いとされるのは、やはり神前式にほかなりません。特に、神前式は若い世代への影響力、並びに、祖母世代からの熱い支持を見過ごすことができません。若い世代は神前式に対して憧れを持ち、祖母世代は自分の結婚式に思いを馳せるため、結果的に神前式は幅広い参列者に対して良い印象を残す結婚の儀式です。そのため、神前式は時代が変わっても、幅広い層に支持されているのです。

予算を抑えるパッケージング

どうしても教会での結婚式に比べると費用が高くなる和装の神前式ですが、最近ではパッケージングでお手頃な神前式を提供するところが増えてきました。儀式を簡略化し、和装の選択肢は限定され、それに加えて参列者を絞ることになりますが、通常の半額ほどで神前式を挙げることができます。神前式の予算の大半を占めるのが、挙式料と衣装代です。ここをコストダウンしたパッケージングサービスを活用することで、憧れの神前式での挙式が実現できますよ。

神前式では、新郎新婦は、最も格式の高い和装で臨むのが一般的です。新郎は紋付き羽織袴、新婦は白無垢か色打掛を着用します。挙式で白無垢、披露宴では色打掛と、お色直しする新婦が多いようです。