単身赴任のメリットとは

単身赴任は大変なこともある一方で、メリットもいくつかあります。まず家族に気を遣うことなく、同僚と飲みに行ったり遊びに行ったりすることが比較的自由になり、久しぶりに独身時代のような自由な気分を味わえることです。また一人の時間も十分に取れ、好きなだけテレビを見たりゲームをしたり、仕事を自宅に持ち帰っても誰にも文句を言われません。とはいえ、やはり一人の時間が多いと時々孤独を感じたり、家族に会いたいと感じたりすることもあるでしょう。単身赴任を経験することで、これまで当たり前に感じていた家族の存在を大切に思えたり、家族のありがたさを改めて実感することができたりする良いきっかけになることも、単身赴任のメリットといえます。

単身赴任のデメリット

単身赴任のデメリットといえば、食事の用意、掃除や洗濯など、身の回りのことをすべて自分でやる必要が出てくるということです。これまで妻がほぼ担っていたという家庭の場合は特に負担を感じ、慣れない家事全般にストレスや苦痛を感じることも少なくありません。それ以外にも、食費や高熱費などの生活費が、自分と家族分の二重にかかることで出費も多くなりがちです。会社から家賃補助や単身赴任手当が出ることも多いですが、正直それだけでは十分とはいえません。そのため貯金がしにくくなったり、下手をすればこれまでの貯金を切り崩すことにもなってしまったりと、金銭的なダメージが大きいのも単身赴任のデメリットといえるでしょう。

単身赴任の家具をレンタルサービスを活用して取り寄せる事ができます。省エネに対応できる家具セットを選ぶ事も可能です。